年齢に負けない!潤い肌を手に入れよう

肌の見た目で年齢が分かる

女性にとって、潤いのある弾力のある肌は憧れます。特に、年齢を重ねた人ほど実感する人は多いです。年齢と共に肌質やきめ、しわやしみなど様々なトラブルが出てきます。普通にお手入れをしていても、それ以上のケアをしないと肌も年を取っていってしまいます。
たとえ年齢が自分より上の人でも肌がつやつやしていたら年齢相応か、むしろ下に見えてしまいますが、乾燥していたりしわなどが目立っていると若い人でも年齢以上に見られてしまいます。エステなど特別なケアをしなくても、セルフケアだけでも十分潤いのある肌を手に入れることは可能です。見た目や年齢に負けない、うるつやの誰もが憧れる肌は日々の努力で実現出来ます。肌の状態がいいと人に会うのも楽しいし、毎日がいきいきしますね。

潤い肌には乾燥は厳禁

潤い肌に1番大事なことは、肌を乾燥させない、保湿をすることです。
特に冬場は空気も乾燥しているので、肌へのダメージも大きく、エアコンやストーブなどの暖房器具をつけていると余計に乾燥して、肌の水分も奪われていきます。部屋の中では、加湿器を使うなど湿度を一定に保つこと、毎日のケアではローションをたっぷりつけて肌の内側まで十分にいくようにして、最後にクリームで奪われないようにしっかりフタをすることが大切です。特に乾燥が気になる場所には重ね塗りをすると更に効果があります。今は、夏場でもエアコンの中で1日中過ごしていると、意外に乾燥しているので油断は禁物です。そして基本中の基本、寝る前には必ずメイクは落とす、規則正しい生活をする、これは当たり前です。